新入生へのメッセージ

医学部長から新入生へのメッセージ

医学科の新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。

 昨年からの新型コロナウイルス感染症のパンデミックで、大学でも今までに遭遇したことのない対応に迫られました。皆さんも対面での授業ができない時期もあり、大変困難な環境の中で勉強をされて来たことと思います。また今回から始まった共通テストへの対応や感染症に注意しながらの入学試験等つらいことも多かったかと思います。今ここに入学の日を迎え、晴れやかな気持ちで希望に胸を膨らませていることと思います。こらから、この気持ちを忘れずに、医学についての勉強のみでなく、社会人、医療人となるための多くの経験をしていただくことを期待します。

 皆さんは全国いろいろな場所から集まり、ほとんどの人が初対面だと思います。例年この後、様々な歓迎行事が開催され、早く大学生活に慣れて頂くように配慮しているのですが、新型コロナウイルス感染症のため昨年はそれができませんでした。今年は、我々もwithコロナの対応に慣れて来ましたので、是非感染症には十分な配慮をしながら、対面とオンラインを併用しながらスムーズに学生生活に溶け込んでいただきたいと思います。

 皆さんがこれから長崎大学医学部で学ぶ上で、特に3つのことを意識していただきたいと思います。まず長崎大学医学部は、1857年にオランダ国軍医ポンペ・ファン・メールデルフォールトが医学伝習所において、松本良順やその弟子達に近代西洋医学教育を開始したのを以って開学としています。その後1961年には西洋式の病院である小島養生所が開設され、日本で初めてベッドサイドでの医学教育が始まっています。昨年小島養生所跡地に立派なミュージアムが完成しました。是非一度見学に行き、建学の精神を学んでいただき、自分の今後の使命を認識していただきたいと思います。

 2つ目が、原子爆弾被害からの復興です。1945年8月9日11時2分、世界で第2発目の原子爆弾により、長崎医科大学と附属医院は壊滅状態となり、890有余名の大学関係者と学生らが犠牲となりました。自らも被爆するなかで原爆障害の研究に献身的に取り組んだ永井隆博士に代表されるように、多くの先人の献身的努力により復興を遂げました。そして世界で唯一原子爆弾の被害を受けた医学部として、様々な形で被爆医療に携わってきました。このような先人の努力のもとに今日の長崎大学医学部があることを是非認識していただきたいと思います。

 3つ目は、現在新型コロナウイルス感染症のまっただ中にありますが、是非この感染症に対してどのように医学、医療が立ち向かうのかを将来医療人になることを意識して経験して頂きたいと思います。幸い長崎大学は感染症の分野では日本をリードしており、現在新型コロナ対策に携わっている方の多くが本学出身であります。この新型コロナウイルスに立ち向かう過程を観察しておくことが、皆さんがこれからの医学部での学習、また卒業してから医療人となって新しい疾患に立ち向かう上での大きな糧になると信じています。

 長崎大学は学長の提案で昨年からプラネタリーヘルスをスローガンにしています。医学部でも「人の健康、地球の健康、あなたの未来 RAPID ACTION」というスローガンを掲げています。グローバルヘルスは世界中の人々の健康を考える訳ですが、一歩進んで、今後は人の健康だけでなく地球の健康にも配慮し、そのことがまた人の健康にも還元されるという意味を理解して学んでいただきたいと思います。

 皆さんがこれから6年間勉学する中で様々な障壁に阻まれるかもしれません。本学には教育に熱意あふれる指導陣が揃っておりますので、是非皆さんをサポートして未来の医学、医療を担う人材として育成したいと思っています。意欲あふれる皆さんといっしょに学ぶこと楽しみにしています。

令和3年4月1日
長崎大学医学部長
前村 浩二